非公開求人とは、転職サイトや企業の公式サイトなどに掲載されていない求人情報のことです。非公開求人には優良案件もあるのですが、転職希望者にとっては必ずしもいいことばかりではありません。

  • なぜ求人情報を公開しないのか?
  • どうやって非公開求人の内容を知って応募するか
  • 非公開求人を利用するデメリットと注意点

この3点を中心に説明します。

なぜ非公開求人なの?エージェントの特性と企業にとってのメリット

企業が非公開求人にする理由は次の通りです

  • 転職エージェントの成功報酬型では基本的に非公開求人となる
  • 応募殺到を避けて低コストで探したい
  • 重要なプロジェクトを知られたくない
  • 自社の従業員に知られたくない
  • 重要急な欠員があり、採用活動の時間がない

1.転職エージェントの成功報酬型では基本的に非公開求人となる

公開求人が月額固定費(+成功報酬)で掲載しているのに対して、非公開求人は成功報酬型の費用で掲載しています。

求職者が直接その企業へ応募すると、エージェントは企業から成功報酬を受け取れません。だから非公開にしています。

※企業からの採用ノルマを達成できなければ報酬なしという場合もあります。「内定を貰ったけど入社する魅力を感じないな」と思う企業に対して、無理に入社を薦められるようなら注意した方がよいかもしれません。

2.応募殺到を避けて低コストで探したい

人気企業が公開求人を出すと非常にたくさんの応募がきます。

大半を書類審査で落とすとしても、履歴書をチェックするだけでも大変です。採用担当者だって採用のみをしているわけではなく、他の仕事をかねていますから、応募者対応のための人件費だけでも大きなコストになります。

非公開求人にして一定の基準をエージェントに伝えておけば、企業にかわってエージェントが振り分けてくれます。大企業や人気の部署ほどコスト削減になるわけです。

逆に考えれば、「非公開求人には、応募が殺到するような人気企業の求人案件が眠っている」ということです。

3.重要なプロジェクトを知られたくない

同業他社に事業計画がバレるのを防ぐためです。新規事業の立ち上げや未開拓市場への参入など、事業戦略に関する情報を出さずに人材を募集するためには、非公開にしなければいけません。

4自社の従業員に知られたくない求人

社内で重要な役割を持っている部長・課長クラスの人物が急に辞めるとなると、仕事に支障をきたす可能性もあります。

5.急な欠員があり、採用活動の時間がない

公開求人で募集するためには、2週間~1ヶ月程度の時間が必要です。しかし、大至急で人手が必要になっている場合は、非公開求人で募集することがあります。

転職希望者にとってもメリットはある

転職希望者にとってのメリットとしては

  • より多くの求人情報が得られる
  • 大手の有名企業へ転職できる可能性が広がる
  • 重要プロジェクトに携われる
  • 自分の強みを活かした職に就いてキャリアアップしていける

などがあります。

非公開求人を利用するデメリット

1.職歴やスキル次第では応募できない

企業は応募殺到を避けるために転職エージェントの非公開求人を利用していますから、エージェントの紹介がなければ応募することができません。

自分よりもスキルの高い転職希望者が多かったり、企業が求めている経験やスキルがない場合は、そもそも応募できない可能性があります。

2.非公開求人=優良企業とは限らない

成功報酬型の求人だから非公開になっているわけです。転職希望者にとって優良求人とは限りません。

非公開求人の見つけ方

  • 転職エージェントのキャリアアドバイザーから紹介を受ける
  • 転職サイトのスカウト機能を利用する

スカウト機能のある転職サイトにはリクナビネクストやDODAがあります。


転職エージェント
おすすめランキング

【スポンサーリンク】