転職先を見つけようと思ったら何を見ればよいのでしょうか?

仕事探しに利用できる7つの方法を紹介します。

  • ハローワーク
  • フリーペーパー・新聞の折込チラシ
  • ヘッドハンティング
  • 人脈・コネ
  • 紹介予定派遣・正社員登用制度
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

1.ハローワーク

ハローワークは、厚生労働省が運営する公共職業安定所です。

ここで仕事を探すのが基本とされています。

無料で求人情報を掲載できるため、ブラック企業といわれる待遇や条件が悪い会社の求人や、カラ求人などがあることも問題になっています。

2.フリーペーパー・新聞の折込チラシ

どちらも昔ながらのアナログな方法で、現在でも多くの企業が利用しています。

フリーペーパーは同じ会社が運営している求人サイトにも同じ情報が掲載されていることが多いですが、普段インターネットを利用しない人でも求人情報に触れられるメリットがあります。

3.ヘッドハンティング

活躍している方は、ヘッドハンティング会社を通じて、同業他社からスカウトされることがあります。

後述する転職エージェント(人材紹介会社)のなかには、エージェント事業だけでなくヘッドハンティングを行っている会社もあります。

なお、ヘッドハンティングを謳った詐欺がありますから、ヘッドハンティングされたら相手の会社をしっかりと調べなければいけません。

4.人脈・コネ

現在働いている会社の取引先から「うちで働きませんか?」と声を掛けられたり、学生時代の友人から声がかかることがあります。

5.紹介予定派遣・正社員登用制度

紹介予定派遣とは、直接雇用されることを前提に派遣として働く制度です。直接雇用は必ずしも正社員とはかぎらず、半数は契約社員という形になります。通常の派遣では禁止されている『就業前の書類選考・面接』が行われます。

派遣される前に「直接雇用で正社員になるかどうか」は確認しておきましょう。

正社員登用制度とは、アルバイトから正社員になる制度です。未経験で働き始めて将来は正社員へ…という形式ですが、正社員になることは確約されていません。

6.転職サイト・求人サイト

様々な業界や職種を扱っている総合サイトと、特定の求人に特化した専門サイト(医療、外資系、外食、製造業など)があります。

それぞれに特色があり、スカウトサービスのある『リクナビNEXT』や『マイナビ転職』が人気です。

7.転職エージェント

転職エージェントとは、登録するとキャリアコンサルタントから転職相談や企業紹介を受けられるサービスです。

ただ求人を紹介してもらうだけではなく、書類対策や面接対策、面接日程の調整、給与交渉、出社日の調整など、転職における様々なサポートを受けられます。

転職エージェントにも総合タイプと特化タイプがあります。

特化タイプのエージェントでは、外資やエグゼクティブを専門にしていたり、フリーターや既卒など20代の若手を専門にしているところがあります。

有利なのは転職エージェント

現実的な方法としてもっとも有利なのは転職エージェントです。

大手のエージェントなら、年間で何千件というマッチングをさせていますから、転職者をサポートするために抱えているノウハウが違います。応募企業ごとの面接対策など、転職に有利なアドバイスを受けられます、

給与額の交渉は求職者が一人で行うのはかなり難しいですし、働きながら転職するなら面接日程の調整は必須といってもよいでしょう。


転職エージェント
おすすめランキング

【スポンサーリンク】