「履歴書を送ったけれど、いつ頃連絡がくるのだろう…」
「書類を送ってから1週間経っても返事が来ない。」

応募して書類を送ったのに連絡がないと「不採用かな?」「せめて連絡が欲しい」と思ってしまいますよね。

書類選考には約2週間(10営業日)ほどかけている企業が多いです。早ければ3日程度で連絡がありますが、1週間くらいは連絡がこないことも十分にあります。

書類選考期間が長くなる理由

書類選考が長くなる理由として特に多いのが以下の3つです。

1.採用したい順に連絡する

採用の可能性が高い人なら、早めに連絡をすることはあります。

面接するにも面接官の人件費がかかりますから、採用コストをなるべくおさえるために「採用したい人から面接に呼ぶ」というやり方の会社があります。

2.人事担当者が忙しい

人気企業ほど応募者が多くなります。人事担当者が数人の会社では対応しきれないことも多く、書類選考だけでも1カ月以上かかることもあります。

人事担当者といっても、採用業務だけをしているのではなく、他の仕事と兼任しているケースがほとんどです。面接や説明会などに時間をとられて、書類選考にじかんをさけないケースも少なくありません。

応募する側はただ待つことしかできません。

すでに不採用が決定している

人事担当者が忙しいと、不採用通知を出すのも遅れがちになります。

不採用になる人のほうが圧倒的に多いですから、まとめて不採用通知を出すことも多いです。なかには、不採用通知すら送られないケースもあります。

3.求人サイトの掲載期限

求人サイトは掲載期間を定めた契約が多いです。企業が「掲載期限ぎりぎりまで応募者を見極めてから面接へ進みたい」という方針で企業もあります。

書類選考の問い合わせをするのはNG

書類選考の連絡がこないからといって、焦って問い合わせるのはNGです。遅いからといって不採用なわけではありませんが、問い合わせが原因で不採用になることもあります。

「この会社は不採用なのだろう」と割り切って、別の企業に応募するのがよいでしょう。

書類選考の連絡待ちは転職活動のスケジュールが大きく狂いますよね。在職中ならまだしも、すでに退職しているのに連絡が来ないと不安で仕方ありません。

そんな不安をなくすためには、転職エージェントの利用をおすすめします。エージェントの担当者が面接日程を調整してくれますし、書類選考が遅れているなら、担当者が企業へ連絡してくれます。


転職エージェント
おすすめランキング

【スポンサーリンク】