平均的な転職活動期間は「3~6カ月」といわれています。

もちろん、求職者の希望条件にもよりますし、転職活動をどのように進めるによって、転職活動期間は大きくかわります。早い人なら1~2カ月程度で決まりますし、6カ月以上転職活動をしている人も少なくありません。

「今すぐ会社を辞めたい」と思っていても、転職活動が長引く可能性をがあるので退職時期は慎重に見極めた方が良いです。

一般的な転職活動の流れ

  1. 転職の準備
  2. 書類作成(履歴書・職務経歴書など)
  3. 求人に応募する
  4. 面接
  5. 内定・退職

転職期間が変動する3つの要因

同時に応募して、選考を並行してすすめられるか
面接日程があわずに結果を出すまでに時間がかかる
内定がでたあと、退職の交渉に時間がかかる

転職した人の平均応募社数は15.7社

DODAの調査によると、平均応募社数は15.7社です。

全体のうち、82.5%の人が2社以上の企業に応募しており、47.9%の人の応募社数は10社を超えています。

30歳以下の若年層ほど少ない応募で決まり、40歳以上は多くなる傾向があります。

※2016年1月~12月の1年間にDODAエージェントサービスを利用して内定を得た人のデータです。

同時に応募するのは5~10社くらいがおすすめ

応募企業を増やせば内定獲得できる確率は上がりますが、在職中のかたが10社、20社と受けても、「面接を受けることができないから辞退します」なんてことになりかねません。

同時に応募するのは5社くらいがお勧めです。書類選考の通過率が3割程度なのを考えれば、10社に応募してもよいかもしれません。

在職中に転職活動するか、退職してから転職活動するか

転職活動中の人の割合は、6~7割が在職中・3割が退職してからです。それぞれにメリット・デメリットがあります。

在職中に転職活動を始める場合

  • 面接の時間の自由がきかない
  • 体力的には厳しい
  • 安定した収入があるので、金銭面での不安がなく焦らず決められる

退職してから転職活動をはじめる場合

  • 面接の時間の自由がきく
  • 金銭面で厳しくなる
  • 転職活動が長期化して、焦って決めてしまう

転職に有利な時期は?

年間を通じてみると、3~4月と9月~10月に新規求人が増えます。

退職した方の補充がありますから、中途採用のニーズは高まります。もちろん、転職者も増えるので必ずしも有利とはいえませんが、「やりたい仕事に出会えるチャンスが増える」と考えればよいかもしれません。

エージェントによってはサポート期間を3カ月としていることもありますから、求人が増える時期を狙って転職活動をはじめるのも一つの考え方です。


転職エージェント
おすすめランキング

【スポンサーリンク】