35歳という年齢を節目に、「転職する最後のチャンスは今か?」と検討している人も少なくありません。

一昔前までは35歳以上になると転職が難しくなる「35歳限界説」が定説でした。定年退職までの年齢を考えると成長・活躍できる余地が少ないためと言われています。

しかし、現在では35歳というボーダーラインの意味がなくなりつつあります。

DODA」を運営するパーソルキャリアによると、2017年にDODAを利用して転職した人の平均年齢は32.1歳でした。10年前の29.1歳と比べて3歳以上上昇しています。

転職年齢が上がった理由は大きく3つあります。

  • 採用ターゲットの変化
  • 人事制度の変化
  • 働き方の変化

管理職経験の有無にとらわれない30代の採用や、経験や実績を重視する即戦力採用が活発になっているわけです。35歳転職のリスクはありますが、年齢だけを理由に転職を諦める必要はありません。

「安定した大きな会社」よりも「自分が活躍できる仕事」を選ぶ

転職先選びを「企業選び」と「業種・職種選び」に分類した場合、安定した収入を望むならどうしても大企業を選ぶことになります。

人気のある大企業は募集数の割に応募者が多いです。目標にする場合で働こうと思うと、過酷な競争に参加しなければいけません。

就職経験のない新卒学生とは違い、30代後半の転職活動では「いかに自分が活躍できる仕事かどうか」を基準に転職先を選んだ方がよいでしょう。

35歳転職に潜む3つのリスク

転職はメリットばかりではありません。

1.上司が年下になる可能性
新しい会社では新入社員です。上司や同期が年下になります。

2.収入が下がる可能性
収入を上げるためには転職するのが一番ですが、転職1年目は給料が下がる可能性もあります。応募時や採用面接で給与条件をしっかり確認するか、転職エージェントを利用して給与交渉をしっかり行いましょう。

今の職場が体力的に厳しくて続けられないなら別ですが、収入が下がる転職は避けた方が無難です。

3.即戦力として活躍しなければいけないプレッシャー
経験や実績をアピールして転職したのですから、会社からのフォローを多く望めません。会社独特のやり方や新しい知識を覚えていき、その上で会社の売上に貢献できるような活躍を求められます。

参考サイト:https://doda.jp/guide/age/


転職エージェント
おすすめランキング

【スポンサーリンク】