考える女

美容師の資格を活かして違う仕事はできないのかなあ…

考える男

夢だった美容師になったけど、今の会社だと収入に限界がある…

こんな悩みをもっていてるかたは多いです。

美容師さんが転職する理由は「人間関係」と「収入」の2つが大半を占めます。

人間関係に悩んでいるなら、ほかの美容室へ転職して上手くいくケースも多いです。たいていの人は、いくつかの美容室を渡り歩いていますし、同じ業界内でキャリアを積んで独立を目指すことも可能です。

一方、収入が理由で悩んでいるなら、他業種へ転職するのが一般的です。

長時間労働が当然の業界ですから、美容師としてキャリアを積んでも給与増には限界があります。年収を上げるには「独立するか、美容師以外の仕事をするか」と言われるのも珍しくありません。

他業種でも高く評価される美容師さんなら、週休二日・ボーナスあり・残業少なめで年収400万くらいの求人は沢山あります。リジョブのように美容業界の転職・お仕事探しのアプリを利用したり、転職エージェントをチェックしてみるのもよいでしょう。

美容師という経歴は他業種でも高く評価されます

美容師として長く生きてきた人ほど

「美容師の経験が活きることなんてそうそうないのでは?」

と思ってしまいがちです。

しかし、カットやカラーリングなど美容師ならではの技術は別として、美容師さんの経歴はエステ業界やブライダル業界、化粧品業界で重宝されます。

求人募集している企業は営業職や販売職の経験者を探しているわけではありません。現場で役立つスキルを持っている人を求めているからです。お客さんとの会話で培った接客スキルは営業や販売でも十分に通用しますし、同僚の社員から身なりについてアドバイスを求められるケースも多いです。

特に、20代・30代前半の人材は引く手あまたといっても過言ではありません。美容師と言う経歴を活かして美容業界に転職する人も多いです。

【元・美容師さんの転職先例】

  • 結婚式場などの美容スタッフ
  • エステティシャン
  • 化粧品販売・美容部員
  • 化粧品・美容品メーカーの営業
  • ファッション・アパレル関係

美容師の転職は早い方が有利

美容師さんに限った話ではありませんが、転職は若いほど有利です。20代なら1年で辞めても転職は可能です。

他業種への転職は30歳を越えた辺りが一つの山となっており、35歳を越えると本当に厳しくなります。危険なのは、だらだら続けることで自分のキャリアの選択肢が狭くなることです。

「今の職場で続けていくのが難しい」と判断した時点で一つの決断をしなければいけません。まずは転職先で自分がどうなりたいかを書き出してみましょう。

【転職先を考える時の例】

  • 年収は現状よりアップ
  • 週休2日
  • 残業少なめ
  • 年齢を重ねても働けるorキャリアアップしていける

もっとも良くないのはフリーターを続けてしまうこと

勢いで美容師を辞めたものの、生活費を稼ぐためにアルバイト生活に突入してしまうのはよくあることです。美容師として働くよりもアルバイトの給料の方が良いこともあるので無理もありません。

しかし、フリーター期間が長くなればなるほど再就職は厳しくなります。履歴書の空白期間が長いほど書類審査で落とされる確率は高くなるので、美容師を続けるならすぐにでも次の職場を探しましょう。

美容師を続けるなら「リジョブ」で転職活動するのがおすすめ

美容師さんの転職活動は、リクナビnextのような総合型の転職サイトよりも、美容業界専門の転職サービスがおすすめです。

「リジョブ」は美容業界に特化した求人アプリで、美容室やリラクゼーション業界の求人のみが掲載されています。会員登録するとスカウト機能などを利用できるので、まずはアプリをダウンロードして求人をチェックしてみましょう。

「リジョブ」アプリのダウンロードはこちら

リジョブの詳細を見る

他業種にいくなら転職エージェントがおすすめ

仕事に時間を取られる美容師さんだからこそ、転職エージェントを利用して転職活動をしたほうが良いです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーがあなたの希望にあった求人を紹介してくれます。採用されやすい求人を紹介するのはもちろん、面接日程の調整をしてくれますから、会社が休みの日に合わせて面接を組むことが可能です。

さらに年収交渉も行ってくれます。あなたが一人で転職活動をするよりも年収アップの確率がグンと上がります。


転職エージェント
おすすめランキング

【スポンサーリンク】