働きだした頃はヤル気に満ちて明るく過ごせていたけれど、現実は非常に過酷で転職を検討する人は少なくありません。

やりがいはあるけれど体がもたない
労働時間が長すぎ、休みが少なすぎる
生徒や保護者との人間関係に疲れてしまった

こんな理由で転職が視野に入ってくるようです。

教師をやめたいと思っても、いざ他の職業へ転職するとなると皆さん苦労しています。転職へ向けてやることを整理してみましょう。
 

教員から民間企業へ転職するなら若いうちに

大原則として、転職は若い方が圧倒的に有利です。学校教員は特殊な職業です。転職を検討すると、全ての企業で「未経験での応募」となりますから、民間企業から民間企業へと転職する人より難易度は上がってしまいます。

だからこそ、年齢が低いうちに転職をしなければいけません。

新卒で教師になって3年以内なら第二新卒として就職活動を進められますし、20代のうちなら平均的な年収で転職先が見つかるでしょう。

しかし、キャリア転職となると厳しくなります。30代後半からは求められるものが多くなるため、応募できる職種も限られてきます。

転職活動の進め方を考える

実際に転職しようと思うと、『どういったスケジュールで転職するか』が最も大事になってきます。

転職活動は短くとも2カ月~3カ月はかかります。面接は基本的に平日に行われますから、仕事を休む必要だってあります。

学校教員の方は年度の終わりか、学期の終わりに退職することを考えて、それに合わせて転職活動をすすめていく方が多いです。

効率的に転職活動をするなら転職エージェントが必須

学校で働きながら転職する上で一番のハードルが『時間の少なさ』です。

事実上の労働時間が長いため「応募したけれど、面接日程がなかなか合わずに採用を見送られてしまった」というケースも少なくありません。

利用すべきが転職エージェントです。

転職エージェントではあなたの強みや市場価値の診断をして、あなたが採用されやすい企業を紹介してくれます。

担当者が面接日程を調整してくれますし、書類選考や1次面接が免除となるケースもあります。時間がなくて転職活動を進めるのが難しいなら、まず最初に利用するのがエージェントです。


転職エージェント
おすすめランキング

【スポンサーリンク】