名刺管理アプリのなかでも特に人気なのが「Eight(エイト)」と「Wantedly People(ウォンテッドリーピープル)」の2つです。

何十もある名刺管理アプリの中でEightが高いシェアを占めていましたが、後発のWantedlyも複数スキャンの便利さなどで人気を集めています。

Eight – 100万人が使う名刺アプリ

名刺を撮るだけで名前、連絡先、住所などの詳細情報をデータ化して持ち歩けます。相手も使っていれば、最新の名刺情報が共有され、いつでも気軽にメッセージでやりとりできます。

Google Playでダウンロード(android)

App Storeでダウンロード(iOS)

Wantedly People 名刺管理&一括スキャン

カメラで撮影するだけで、最大7枚の名刺を一括スキャンし、即データ化。名刺交換相手の会社情報や関連ニュースも自動で収集します。

読み込んだ名刺は、スマホ・PCでいつでも確認・編集可能。メールも電話もアプリ上から行えます。

Google Playでダウンロード(android)

App Storeでダウンロード(iOS)

名刺を読み取る機能の違い

Eightは1枚ずつスキャンする

Eightは名刺を1枚ずつスキャンするので、何十枚・何百枚と名刺が貯まっている時は時間がかかってしまいます。ただしデータの正確性は高いです。

「どこでもスキャン」というたまった名刺をまとめてスキャンできるサービスがあります。全国のスキャンスポットで名刺を登録できる「セルフスキャン」や、あなたに代わって名刺をスキャンする「出張スキャン」、名刺を送って待つだけの「郵送スキャン」などもあります。

Wantedly Peopleは複数スキャンが可能

Wantedly Peopleは最大7枚の名刺を一括でスキャンできます。ただし正確性が低いので、手作業で修正するか、正確に読み取れるまで何度もスキャンする必要があります。

どちらもPCからログインして利用可能

どちらもPC版があり、PCからログインしてデータを利用できます。

一番の違いはCSVダウンロードの有無です。

Eightは無料プランではCSVダウンロードできませんが、Wantedly PeopleはCSVでダウンロード可能です。

EightとWantedly Peopleそれぞれの特徴まとめ

Eight(エイト)

  • 1枚ずつスキャンする
  • データの正確性が高い
  • 1画面に沢山の情報がある
  • Facebookのように自分から発信できる
  • 知り合いの可能性がある人が表示される
  • 名刺交換した相手と交流したい人におすすめ

Google Playでダウンロード(android)

App Storeでダウンロード(iOS)

Wantedly People(ウォンテッドリーピープル)

  • 複数スキャンが可能
  • データの正確性が低く手作業で修正する必要がある
  • CSVダウンロードできるので営業リストの作成などに便利
  • シンプルに名刺管理したい人におすすめ

Google Playでダウンロード(android)

App Storeでダウンロード(iOS)


転職エージェント
おすすめランキング

【スポンサーリンク】