正社員で手取り10万円。

総支給額が12~13万円で、社会保険や厚生年金の控除をされると手取りで10万円しか残らないという人は少なくありません。

しかし、フルタイム勤務しているのにこの収入は低すぎます。「正社員」というだけで、最低賃金で働いているのでしょう。

現在の日本は人手不足で売り手市場ですから、すぐに転職するべきです。給料は増えます。

20代前半の平均年収は20万円前後

厚生労働省が発表する賃金構造基本統計調査よると、1カ月の賃金の平均は30万4千円です。

もっとも平均が低い20代前半の場合、男性は20万9千円、女性は19万9千円です。

つまり、手取り10万は平均よりも異常に低いです。

時給1000円なら手取り14万円程度ですし、時給1200円なら手取りは18万円程度です。

フリーターとして都市部で働いたり、派遣社員になった方がよっぽど給料は高くなります。

一応「正社員」として雇われているけれど

一応「正社員」として雇われているけれど、実際は「名ばかり正社員」と呼ばれるタイプです。

低賃金で昇給やボーナスもなく、退職金すらないこともあるでしょう。実は、法的には正社員の最低基準の定めはありません。

どんなに条件が悪くても「正社員」と呼ぶことは違法にはなりません。

違法な労働条件になっている可能性もある

手取り10万というと、最低賃金以下になっている場合もあります。

支給されている賃金から引かれているものにも問題があるかもしれません。

  • サービス残業は当然
  • 有給休暇は取れない
  • 仕事をミスした際の罰金が天引きされている

こんな会社で働いていても、自分の人生が台無しになるだけです。すぐに転職活動を始めた方が良いでしょう。

転職すれば給料は増えます

転職しても給料が増える人は全体の2~3割と言われています。

しかし、最低賃金で働いている人なら別です。月5万円アップなら決して難しくありませんし、ボーナスが支給されて年収300万円ラインに届くケースも十分にあります。

転職活動する際には、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントなら、違法労働をさせているブラック企業や、名ばかり正社員を募集している求人を避けて転職活動を行うことができます。

年齢を重ねて転職が難しくなってからでは遅いです。今すぐに行動を起こしましょう。


転職エージェント
おすすめランキング

【スポンサーリンク】