「残業して稼ぎたい」のは普通のことです。サラリーマンは基本給がなかなか上がりませんから、月に20時間くらい残業すればぐっと生活が楽になります。

しかし長時間の残業をしてると、新しく何かを始めるエネルギーが奪われていきます。会社から帰ったあとに副業で稼ごうと思っても仕事で疲れていて難しいですし、キャリアアップのためのスキルも身につけられません。

残業で少しでも稼ぎを増やすくらいなら転職をおすすめします。転職エージェント利用者の6~7割は年収アップに成功しています。現在貰っている給与(総支給額)と同程度の給料を交渉することで、残業なしでも今と同程度の年収を維持することも可能です。

転職エージェント
おすすめランキング

残業で給与を上げる人はいつか詰む

サラリーマンの給料はなかなか上がりませんから、残業代で生活費を補うのは普通のことです。だからといって、残業ばかりしていても近い将来に無理がきます。

給料が安い
⇒残業して稼ぐ
⇒スキルは身につかない
⇒給料は上がらない
⇒詰む

今手元にお金がないなら、その場しのぎで残業するのは仕方ないと思います。しかし、いつまでも残業を頼りに生きていけるわけではありません。

着実にスキルを磨いてきた人とそうでない人の差は大きく開きます。「残業で稼ぐ」を何年も続けている人はなかなかスキルが磨けません。「特段仕事のできる人ではないけど、だらだら残業して給料を持って帰るオジサン」になってしまいます。

現状の収入を維持して転職するのはそこまで難しくない

年収アップの転職は比較的難しいですが、今と同程度の年収で転職するならそこまで難しくありません。しかも残業なしで現在の給与(総支給額)と同程度の給料を貰えることが多いです。

転職エージェントを利用すれば採用されやすい会社がわかるので、効率的に転職活動を進められます。

エージェントの給与交渉で年収アップできる

希望年収より低ければ、転職エージェントの担当者に給与交渉できないか相談できます。

リクルートエージェントは企業に対する営業力もあり、言いづらい年収交渉の代行までしてくれます。

スカウト型の転職サイト

考える男

「エージェントに登録するほどではないけど、転職活動を始めてみようかな?」

こんな方には、スカウト型の転職サイトSwitch.リクナビNEXTビズリーチなど)に登録しておくのがおすすめです。

リクナビNEXTは登録企業数・利用者数ともに国内一の多さで、会員の2人に1人はスカウトサービスの利用者です。


転職エージェント
おすすめランキング

【スポンサーリンク】